東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

前橋の未来、5氏語る 市長選候補予定者、市内で公開討論会

写真

 前橋市長選(二月二日告示、同九日投開票)に立候補を予定している五人による公開討論会が十五日、前橋市内で開かれた=写真。実現を目指す政策や教育、福祉政策のほか、JR新前橋駅周辺の活性化策について活発な論戦を繰り広げた。 (市川勘太郎)

 討論会には立候補を表明している現職の山本龍さん(60)、元市議の中島資浩さん(48)、県議=前橋市区=の岩上憲司さん(46)、元自民党衆院議員の佐田玄一郎さん(67)、元市議の店橋世津子さん(58)が出席した。

 山本さんは税収増で国からの借金を返した財政運営やごみの減量など二期八年の実績を強調。「生きやすいまちをつくるための政策を実行する」と語った。

 市民との市政運営を推進する「市民会議」の設置を提唱している中島さんは、中心市街地の再開発は「図書館を含む複合施設で活性化を図る」とした。

 岩上さんは財政再建と積極的な規制緩和などを重点として掲げ「高崎とは違う前橋の良さを前面に出して持続可能なまちづくりをしていく」と主張した。

 佐田さんは二十七年間の国会議員経験から国の交付金で国道など整備すると主張。「浮いた財源は子育て支援などの社会保障に充てる」と説明した。

 店橋さんは上武国道沿いの道の駅など大規模開発を見直すとし「子育てや教育、高齢者政策を充実させ安心して暮らせる福祉のまちを実現したい」と述べた。

 討論会は新前橋商工会が初めて開催した。市民ら約二百五十人が五人の主張に耳を傾けた。二十八日には前橋テルサで前橋青年会議所主催の公開討論会が開かれる。

 市長選には元みどり市議の海老根篤さん(72)も出馬準備を進めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報