東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

田んぼの風景 生き生きと 太田市役所で子ども絵画展

展示を見る来庁者=太田市で

写真

 全国水土里(みどり)ネットなどが主催した「新発見!ぼくのわたしのふるさと」をテーマにした「ふるさとの田んぼと水 子ども絵画展2019」の受賞作品が、太田市役所1階市民ロビーで展示されている。7日まで。

 待矢場両堰土地改良区(水土里ネットまちやば)が田んぼのあるふる里の風景を守っていこうと、同改良区管内の太田市、館林市、邑楽町、千代田町の2市2町の小学生から全国絵画展への出品作を募った。

 応募作品188点のうち全国入選した6点を含む19作品が並んでいる。田んぼを背景にかかしやトラクター、水門などが子どもらしい素直な筆遣いで生き生きと描かれている。 (粕川康弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報