東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

沼田市 将来の定住・就労に月10万円給付 新奨学金を創設 21年度から開始

 沼田市は将来、市内に定住・就労する学生を対象に月十万円を給付する「ふるさとぬまた未来創造奨学金」を創設する。二〇二〇年度に募集を始め、二一年度の新入学生から給付する。人口減少に悩む同市の「未来への投資」となる制度として導入する。

 対象は大学や短大、専修学校、高等専門学校(四、五年次)に入学する学生。期間は進学する大学などの正規の就学年限で、四年を上限とする。大学などを卒業した後、市内に定住・就労しない人や成績不良などで進級できなかった場合は返還してもらう。

 条件は、市内に生計を一にする家族が住んでいることや三十歳未満、学業が優れている(成績基準あり)こと、校長などの推薦があり卒業・修了見込みがある−など。作文などの書類選考やプレゼンテーションを含む面接を経て、給付する若干名を決める。 (渡辺隆治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報