東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 群馬 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【群馬】

<新型コロナ>宿泊施設キャンセル損失29億円 温泉街中心にダメージ

 新型コロナウイルス感染症の拡大で、県内のホテルや旅館など宿泊施設のキャンセルによる三〜五月の損失は総額約二十九億三千万円に上ることが、県の調査で分かった。県内の観光産業を支える温泉街を中心にダメージが広がっているとみられる。

 県が三月三十日、全三十五市町村を通じ、四百七十八施設を対象に調べた。キャンセルは約二十五万五千人泊(宿泊人数と宿泊数をかけた数字)で、予約状況は前年比で三〜六割と低調だった。

 県は同様の調査を三月十一日にも取りまとめた。四百四十一施設が対象で、キャンセルは約二十一万六千人泊、影響額は約二十二億八千万円と発表していた。今回は調査対象の施設が増えたため、単純に比較できないが、県観光物産課の担当者は「悪い方向に向かっている」と指摘している。

 遊園地や美術館などの観光施設では、休業が三十二施設(前回調査比三施設増)、一部休止や短縮営業が三十一施設(同四施設増)になった。 (池田知之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報