東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県議選 候補者92人アンケート(2) 再稼働 激戦の龍ケ崎、意見二分

 県議選の候補者九十二人に、東海第二原発の再稼働の是非について聞いた本紙アンケートで、県内人口二位のつくば市区(定数五)では、立候補した九人のうち、四人が再稼働に「反対」と答えた。

 反対しているのは立憲民主、公明、共産、無所属の四人。自民二人と無所属の三人は「どちらとも言えない」とした。

 定数二に対し六人が争う激戦になっている龍ケ崎市・利根町区は、三人が反対、三人が「どちらとも言えない」で割れている。

 また、笠間市(定数二)で、自民現職の二人が「当局が慎重に判断するのを注視する」として「どちらとも言えない」と回答した一方で、無所属新人の一人が「農畜産も盛んな地域を危険にさらすことはできない」と反対した。(山下葉月)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報