東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

JA佐野会長「営農支援しっかりと」

写真

 JAグループ茨城の「仕事始めの会」が四日、水戸市内で開かれた。グループを代表し、JA県中央会の佐野治会長=写真=が職員約三百人を前にあいさつした。

 佐野会長は、二〇一七年の県の農業産出額が四千九百六十七億円で、北海道、鹿児島県に次いで三位(前年二位)に転落したことに触れ、「農業がさかんで元気なのは茨城という評価は受けている。三番目になっても、今まで以上に本来の仕事である営農支援をしっかりやっていかなくてはならない」と呼び掛けた。

 一方で、コンプライアンス(法令順守)や、スピード感を持った収益アップを重視。「JAは非営利性が基本にあり『もうけなくてよい』と思いがちだが、組合に対し利益を還元することは大きな命題。商人(あきんど)になるくらいの姿勢を持ってやってほしい」と激励した。(山下葉月)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報