東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

年金相談、古河市民もOK 埼玉・加須に年金機構分室

開所式でテープカットをして祝う関係者ら。頭上の2階の部屋が年金事務所分室=埼玉県加須市役所で

写真

 古河市や五霞町など県西地区などの住民がより近くで年金の相談や手続きができるよう利便性の向上を図るため、日本年金機構は、埼玉県加須市役所2階に熊谷年金事務所加須分室「ねんきんサテライト加須」をオープンした。

 分室設置は全国では5例目という。

 加須市によると、高齢化が進む中、年金業務は相談件数が増えるとともに、年金加入歴の多様化などで相談内容が複雑化している。市国保年金課と熊谷年金事務所(熊谷市)で対応しているが、加須から同事務所までは車で1時間ほどかかるなど相談しやすい環境でないため、分室設置を要望していた。

 1日の開所式には、日本年金機構の上野太美夫理事ら関係者が出席。大橋良一・加須市長は「市民はもとより、この地域に住む多くの住民に利用されるように」と期待した。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報