東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

2人目擁立見送りへ 夏の参院選で自民県連

県連大会であいさつする自民県連の梶山会長=大洗町文化センターでで

写真

 夏の参院選茨城選挙区(改選数二)の候補者に関して、自民党県連の梶山弘志会長は二十三日、「一人でいくのが県連の方針だ」と述べ、擁立は現職の上月良祐参院議員のみとする方針を示した。他党の混乱で二人目擁立が取りざたされている中、この日大洗町で開かれた県連定期大会後の記者会見で明かした。

 茨城選挙区では、上月議員、藤田幸久参院議員の現職二人と、共産党新人の大内久美子さんが立候補を表明していた。藤田議員が立憲民主党に入る意向を示し国民民主党が除籍処分を決める中で自民の動きが注目されているが、「二人たてても、一人しか当選しないことが続いた」と梶山会長。票割りの難しさなどもあり、二人目を見送る方針になったとみられる。

 大会で承認された人事では、梶山会長や海野透会長代行は留任、幹事長には内定していた西條昌良県議が就任した。昨年の県議選で落選した田山東湖・前幹事長は特別顧問になった。また、参院選態勢で、初めて衆院選挙区ごとに副幹事長を置いた。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報