東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

研究施設を公開 21日、つくばの物材機構 「黒い炎」の実験も

写真

 科学技術週間の最終日の二十一日、つくば市の物質・材料研究機構が市内三地区の研究施設を一般公開する。最先端の研究室や、特殊な光を使ったユニークな「黒い炎」の実験=写真=などを見学することができる。

 黒い炎は、食塩とメタノールを入れた容器に火をつけ、オレンジ色に光る「ナトリウムランプ」で照らすと、炎が光を吸収して黒く見える現象だ。

 今年のテーマは「元素」で、普段は公開していない七十カ所以上の研究室や施設を見学できるほか、メダルの工作などの体験コーナー、講演などもある。専用ホームページから事前予約が必要なプログラムもある。

 公開は午前十時から午後四時まで。入場無料。問い合わせなどは広報室=電029(859)2026=へ。 (宮本隆康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報