東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ネモフィラ見ごろ ひたち海浜公園 ピークは1週間〜10日

丘を青く染めるネモフィラ=ひたちなか市のひたち海浜公園で

写真

 ひたちなか市のひたち海浜公園で、かれんな青い花を咲かせるネモフィラが見ごろのピークを迎えている。ピークは1週間から10日程度は続く見込みで、連休いっぱいは楽しむことができるという。

 園によると、ネモフィラは北米原産のムラサキ科の1年草で、直径3センチほどの花と唐草模様のような形の葉が特徴。園内のみはらしの丘では、約3.5ヘクタールの敷地に約450万本のネモフィラが植えられている。

 24日は小雨が降る中、多くの客が写真を撮ったり、犬と歩いたりして楽しんでいた。母と2人で訪れた埼玉県上尾市の病院事務正親(おおぎ)真美さん(54)は「満開で、きれい。丘の上から見られるのもいい。ゆっくり楽しみたい」と話した。 (水谷エリナ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報