東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

父の日にメロンいかが 鉾田でもうすぐ出荷ピーク

収穫され、出荷を待つメロン=鉾田市で

写真

 メロン生産量が市町村別で日本一を誇る鉾田市で、農家が収穫作業に追われている。今年のメロンは冬の寒暖差が大きかったため甘みが強いといい、JAほこたメロン部会長の田山浩志さん(58)は「味はとてもいい。父の日の贈答用にもどうぞ」とPRする。

 JAほこたによると、水はけの良い土地と寒暖差がある気候で、市はメロンの栽培に適している。甘く、上質の香りの「アンデスメロン」の生産が最も多く、大玉でなめらかな肉質の県オリジナル品種「イバラキング」も九割が市内で生産されている。

 出荷のピークは五月下旬から六月上旬。JAほこたは十八、十九の両日、市内の直売所「ファーマーズマーケットなだろう」でメロン祭りを開く。試食販売や地元の野菜、肉も使ったメロンカレーの提供などが予定されている。(水谷エリナ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報