東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

6市で4200軒停電 県内の強風雨 高萩で1時間31・5ミリ

通行人に横なぐりの雨が降りつけた=水戸市で

写真

 関東地方を中心に強い風雨に見舞われた二十一日、県内ではひたちなか、筑西、古河、小美玉、行方、北茨城の六市で計約四千二百軒が停電した。

 東京電力によると、筑西市では倒木で電柱が折れ、田宿など六地区の六百軒で午前十時三分ごろから停電が続いた。

 このほかの内訳は、ひたちなか市が二千七百軒、古河市が四百軒、小美玉市と行方市が計四百軒、北茨城市が百軒。ひたちなか市は約三時間、古河市は約一時間半で復旧した。

 水戸地方気象台によると、午後七時現在、県内で一時間降水量が最も多かったのは、高萩市で午後二時四十四分までの一時間に記録した三一・五ミリ。また、鹿嶋市や常陸太田市、大子町で六時間降水量などが、五月として観測史上最大となった。

 県内の最大瞬間風速は、鹿嶋市で午前九時三十七分に記録した一八・八メートル。 (鈴木学、越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報