東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

神谷伝兵衛の功績学ぶ 出身の愛知・西尾商議所メンバーが牛久シャトー見学

牛久シャトーを見学する西尾商工会議所のメンバーら=牛久市で

写真

 日本初の本格的なワイン醸造所の「牛久シャトー」(牛久市)を創設した実業家・神谷伝兵衛(一八五六〜一九二二年)の出身地である愛知県西尾市の西尾商工会議所のメンバーが十三日、牛久シャトーを訪れた。

 約二十人が参加し、シャトーを運営するオエノンホールディングス(東京都中央区)の関係者の案内で、伝兵衛の経歴やシャトーの歴史を学んだ。

 商議所によると、伝兵衛が生まれた旧一色町が二〇一一年に西尾市と合併したばかりでなじみが薄く、地元の史料も少ないこともあり、視察会を企画。伝兵衛の業績を伝える書籍「奇跡の一代記 神谷傳兵衛物語」の出版を機に、知名度が上がっているという。

 見学した鳥山欽示さん(60)は「予想以上に立派で歴史的価値が高いと感じた。規模や質の高さに感銘を受けた」と話した。

 神谷伝兵衛のほか、キユーピー創立者の中島董一郎も西尾市出身で、十四日は東京都内の工場や史料館などを見学する。 (水谷エリナ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報