東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

TX、8両編成へ 輸送力30%アップ 本年度設備工事スタート

混雑緩和のため、8両編成化が決まったつくばエクスプレス=つくば市で

写真

 つくばと東京・秋葉原を結ぶつくばエクスプレス(TX)を運行する首都圏新都市鉄道(東京都千代田区)は本年度から、現在の六両編成の車両を八両編成に増やすため、駅などで設備工事を始める。混雑緩和が目的で、二〇三〇年代前半の運行開始を目指す。(宮本隆康)

 発表によると、六両編成に比べて輸送力が30%程度増える。沿線の人口が今後増えても、朝のラッシュ時の混雑率は一八年度の169%から、150%以下に改善することが可能としている。

 各駅のホームを延ばすほか、信号や通信設備の新増設、変電所の増強が必要になる。終電から始発までの限られた時間に工事をすることなどから、完成まで十年以上かかるという。設備工事の費用は約三百六十億円を見込み、車両の調達費は未定としている。

 混雑対策では二〇年春、ラッシュ時の一時間当たり運行本数を現在の二十二本から、二十五本に増やすことも予定している。

 運行増加で、二〇年度のラッシュ時の混雑率はいったん155%程度に低下する。しかし、沿線では宅地開発で人口増加が予想される。同社の想定では、一日当たり輸送人員は一八年度の三十八万六千人から、三〇年度に四十二万人程度まで増加。さらに混雑することで、運行の遅延も懸念され、沿線自治体からも八両編成化を要望されていた。

 沿線のつくば市、つくばみらい市、守谷市でつくる「つくばエクスプレス三市推進協議会」会長の松丸修久・守谷市長は「大変うれしく思う。沿線自治体が協力し、一日も早い八両編成車両の供用開始へ働きかけをしたい」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報