東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<参院選>候補擁立「NHKから国民を守る党」とは 「契約者だけ視聴」目指す

 参院選が七月四日公示、二十一日投開票される見込みだ。茨城選挙区(改選数二)には、五人が立候補することを明らかにし、混戦模様だ。主要政党に加え、国会で議席を持たない政治団体「NHKから国民を守る党」(N国)が候補者を擁立した。N国とは、どういう団体なのか。 (鈴木学)

 N国は四月の統一地方選で、東京や千葉、埼玉など全国で二十六人の区議、市議を誕生させる躍進で知名度を上げ、現在、所属議員は三十一人いる。

 創設は二〇一三年で、元NHK職員の立花孝志代表(51)はホームページで「NHKから被害を受けている視聴者・国民を全力で、命がけで、お守り致します」と宣言する。受信料制度に関する法律などの制定、改廃の機会を国民に提供することが目的で、キャッチフレーズは「NHKをぶっ壊す」。

 立花代表は「電気、ガス、水道などのライフラインではないNHKの受信がなぜ義務なのか」と問う。目指すは、契約者だけがNHKを視聴できる仕組み「スクランブル放送」の実現で、これで「玄関先や裁判所でNHKと国民の争いがなくなる」と言い、実現すれば解党するとしている。

 参院選には十九日現在、自身を含め比例に四人、選挙区で三十九人を立候補させる予定で、立花代表は取材に「政党要件の2%の得票率は十分見込める」と自信をみせる。

 ただ、参院選の供託金の拠出などを巡って統一選の当選者ら六人が除名や離党となった。「『内紛』などと言われることも否定はしないが、方針についてこられない人を除名しただけだ」と話す。

 党員に右派が多いとされ、過去にツイッターで「アイヌ民族はもういない」と書き込み、自民党を除名された議員もいる。

 N国に詳しいフリーライターの畠山理仁さんは、N国が支持される理由について「受信料を払いたくない人、スクランブル放送に同調する人が多く、それらを掲げる政党がほかにないからだろう。既成政党の存在感が薄く、一つの訴えだけも明快に映るのではないか」とみる。

 受信料の集金人に対応してほしいという人に向け、候補者らが携帯電話番号をホームページで公開していることも「ほかの政党にない敷居の低さ」と指摘。「電話をかけた人には頼りがいがあると見えるかもしれない」

◆田中さん出馬会見「国民期待の党の一助に」

立候補の会見をする田中健さん=県庁で

写真

 参院選茨城選挙区に立候補を予定する政治団体「NHKから国民を守る党」の田中健さん(53)が二十日、県庁で記者会見し、「統一地方選で躍進し、多くの国民が期待をしている党の一助になりたいと思った。選挙では党是の『NHKをぶっ壊す』を強く訴える」と語った。

 田中さんは東京都江戸川区出身。千葉大卒業後、区議を五期十八年務め、現在は不動産賃貸業をしているという。

 東海第二原発の再稼働について問われ「個人的に原発は廃止した方がいいと思っている。事故が起きた時に想定以上の被害が出る。永続的に安定的なエネルギーとして考えられないのではないか。人知を持って扱うのは難しい」と述べた。

 茨城選挙区には、このほか自民党現職の上月良祐さん(56)、立憲民主党新人の小沼巧さん(33)、共産党新人の大内久美子さん(69)、日本維新の会新人の海野徹さん(70)の四人が立候補を表明している。 (鈴木学)

◆5陣営が出席 立候補予定者説明会

 県選挙管理委員会は二十日、県庁で参院選茨城選挙区の立候補予定者説明会を開き、自民、立憲民主、共産、日本維新の会、NHKから国民を守る党の計五陣営が出席した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報