東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<参院選>期日前投票 出足まずまず 3日間で4万2121人

 参院選(二十一日投開票)で、県選挙管理委員会は八日、期日前投票の中間状況を発表した。期日前投票は五日から始まり、七日までの三日間の投票者数は四万二千百二十一人で、投票率は1・72%。市町村別では高い順に美浦村(2・76%)、土浦市(2・36%)、鹿嶋市(2・27%)となっている。

 県選管によると、二〇一六年の前回参院選の中間は投票者数が四万七千四百二十四人、投票率は1・92%だった。ただ、前回は選挙期間が通常より一日長く、中間の数字も期日前が始まってから四日間の集計で、一日当たりの人数では今回が上回っている。

 担当者は「遜色ないペース」と見ており、出足はまずまずとの見方を示している。

  (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報