東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

那珂核融合研究所で火災 施設内で雑草など燃える

火災が起きた現場(那珂核融合研究所提供)

写真

 那珂市の那珂核融合研究所は十日、施設内で雑草など約百十二平方メートルが焼ける火災があったと発表した。放射能の外部への漏えいや、職員の被ばくやけがはないとしている。

 研究所によると、十日午後一時二十五分ごろ、JT−60制御棟と呼ばれる施設の駐車場近くで作業員がチェーンソーを使い、高さ二メートルの木を取り除こうとした際、下草に火が付き燃え広がった。チェーンソーの火花が飛んで燃え移ったとみられる。近くにいた職員ら約八人が消火した。市消防本部が午後一時五十五分ごろ、鎮火を確認した。

 現場は、最も近い放射線管理区域の建物から約百メートル。研究所の担当者は、今回の火災で所内の実験に影響はないとしたが、「今後、原因を調査し、草刈り作業の対策を検討する」と話した。 (山下葉月)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報