東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「ピングー」とコラボ ペンギンを学ぼう 大洗水族館で企画展

ピングーの像と一緒に撮影できるフォトスポットのコーナー=大洗町のアクアワールド県大洗水族館で

写真

 スイス生まれの人気アニメキャラクター「ピングー」とコラボし、ペンギンについて知ってもらおうと、大洗町のアクアワールド県大洗水族館で企画展「ピングーサマーフェス」が開かれている。九月一日まで。

 同館が飼育するフンボルトペンギンが生まれてから親になるまでの成長過程をマンガにしたパネル展示のほか、南極の氷が地球温暖化の影響で溶けるなどの環境問題を考えるコーナーを設けた。ピングーの像と一緒に撮影できるフォトスポットのスペースもある。

 夏休み中の三十一日、多くの親子連れでにぎわっていた。境町の中学三年宮野響愛(ひな)さん(15)は「ペンギンがどう成長するかが分かってもっと好きになった。飼育員と泳ぐ練習をするのが印象的だった」と話した。

 期間中、ピングーを粘土で作るなどのイベントも予定している。問い合わせは同館=電029(267)5151=へ。(水谷エリナ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報