東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「かわいい」「カッコいい」陶磁器 25日まで笠間 90点を展示

「寅」(1961年)(県陶芸美術館提供)

写真

 「かわいい」「カッコいい」を切り口に、色や模様など多彩な視点から陶磁器の魅力を紹介する展覧会「かわいい陶とカッコいい焼」が、笠間市の県陶芸美術館で開かれている。二十五日まで。

 同館の「大人も子どもも楽しめる」シリーズの第五弾。ユーモラスでかわいさを感じさせる「寅(とら)」など、館のコレクションを中心に約九十点を展示する。ポップな模様の器や巨大オブジェなど、えりすぐったかわいい作品、カッコいい作品が並ぶ。

 月曜休館(ただし十二日は開館)。観覧料は一般三百十円、高大生二百六十円、小中学生と七十歳以上は百五十円。問い合わせは、陶芸美術館=電0296(70)0011=へ。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報