東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

中高生の悩み、LINEでも 県教委 あすから受け付け

 夏休み明けに学校へ行くのがつらいと思い悩む中学生や高校生ら向けに、県教育委員会は10日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用した相談窓口を開設する。電話やメールでも受け付けるが、子どもたちが慣れ親しんでいる通信手段を新たに加えた。

 受付時間は午後6時から午後10時まで。臨床心理士などの資格を持つ専門家5人が対応する。緊急を要する場合は警察などと情報を共有し、不測の事態が起こらないようにする。

 相談が集中した場合や時間外は、24時間対応している子どもホットライン=電029(221)8181=などを案内する。

 県教委によると、各校の終業式に合わせてプリントを配布し、悩みがある場合に利用するよう呼び掛けている。すぐに400人以上の生徒から登録があったという。

 期間は9月18日まで。問い合わせは義務教育課=電029(301)5229=へ。 (越田普之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報