東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

東海第二の再稼働の是非 小泉元首相と考える 日立市で来月15日

小泉純一郎元首相

写真

 原発ゼロに向けた発信を続ける小泉純一郎元首相の講演会「わたしたちの未来を語る」(東京新聞水戸支局など後援)が、九月十五日午後一時から日立市民会館で開かれる。

 日立市は、日本原子力発電(原電)東海第二原発から三十キロ圏で立地する東海村に隣接し、再稼働の事前了解を必要とする原子力安全協定を原電と結んでいる六市村の一つ。十七万人以上が暮らす人口密集地域で、事故時に市民全員が安全に避難するのは困難と指摘されている。

 また、原発メーカーの日立製作所や関連企業が立地し、働く人も多い。

 主催は、小泉純一郎さんのお話を聞く会で、代表の荒川照明さんは「東海第二の再稼働の是非をあらためて市民の皆さんに考えてもらう絶好の機会としたい」と意気込む。

 入場料は前売り五百円、当日六百円。チケットは日立市民会館、日立シビックセンター、多賀市民会館(日立市)、ひたちなか市文化会館、ザ・ヒロサワ・シティ会館(水戸市)、京成百貨店(同)内のチケットぴあで扱っている。

 問い合わせは荒川さん=電090(9845)7019=へ。 (宮尾幹成)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報