東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

かすみがうら死亡事故、女性見落とし 市長「申し訳ない」

会見して頭を下げる坪井市長(右)と雨貝消防長=かすみがうら市で

写真

 かすみがうら市消防本部が二十五日早朝、乗用車二台の交通事故の救助中に助手席の女性に気付かず、病院への搬送が約五時間四十分遅れて死亡が確認された問題で、坪井透市長が二十六日に会見し、「車両が大破した事故とはいえ、発見できなかったのは遺憾であり、誠に申し訳ない」と謝罪した。しかし、市消防本部は女性を見落とした理由について明言せず、会見が紛糾する場面もあった。 (宮本隆康)

 土浦署や市によると、二十五日午前四時すぎ、かすみがうら市戸崎の国道354号で、行方市内の大工の少年(19)の乗用車が対向車線にはみ出し、軽乗用車と正面衝突した。大破した軽乗用車を運転していた男性(74)は、現場から搬送されて死亡が確認された。

写真

 軽乗用車の助手席には男性の妻(75)がいたが、救助隊員らは気付かず、車両は土浦署に移動された。署員が午前十時半ごろ、散乱した荷物の合間から妻を見つけたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 妻が事故後に生存していた可能性について市は「私どもとしてはお答えできない」としている。土浦署によると、所見では事故から間もなく死亡したとみられるという。

 市によると、通行人から「軽乗用車に男性一人が閉じ込められ、乗用車の四人が負傷」との一一九番通報があり、救助隊や救急隊の計十五人が出動した。

 軽乗用車は助手席側を下に横転した状態で、午前四時半ごろから約三十分間かけて、運転席の男性を外に出した。その後、横転で上になった運転席側から助手席を目視でのぞき込んだが、妻を見つけられなかったという。

 会見では、市消防本部の雨貝忠消防長が「目視が十分でなかった。再発防止のために徹底したい」と釈明する一方、消防本部幹部は「散乱した荷物をどかして目視した」と説明。記者団からは「それなら、なぜ気付かなかったのか」などと質問が相次ぎ、会見は約一時間半に及んだ。雨貝消防長らは黙りこくったり、「分からない」「隊員から聞いていない」と繰り返すなど、最後まで見落とした理由を答えなかった。

衝突で大破した軽乗用車=土浦署で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報