東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

臨界事故 来月末で20年 東海村長「原子力の信頼揺らいでいる」

「原子力に対する信頼は揺らいでいる」と話す山田村長=東海村役場で

写真

 東海村の核燃料加工会社ジェー・シー・オー(JCO)臨界事故の発生から九月末で二十年を迎えるのを前に、山田修村長は三十日、村役場での定例会見で、東京電力福島第一原発事故以降「原子力に対する信頼は揺らいでいる。安全性を追求する道のりは険しいし、終わりがない」と述べた。

 「事故が起きた際の事業者との情報のやりとりは改善した」とする一方で、「上層部だけでなく、現場を含む事業所全体で安全意識を常に共有してほしい」と強調。その上で、安全対策を普段から住民に伝えることを求めた。

 村職員の中でも、当時を知るのは三割程度だとして「若い職員に事故のことを直接話す機会があってもいい」と話した。

 事故は一九九九年九月三十日に、JCO東海事業所で発生。転換試験棟で核燃料製造の際に、大量のウラン溶液を容器に注入した結果、核分裂が続く臨界状態になった。作業員三人が大量被ばくし、うち二人が死亡、住民ら約六百七十人が被ばくした。 (松村真一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報