東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

牛久市長選 告示 現新の一騎打ち

 牛久市長選が一日告示され、無所属新人で元市議の小松崎伸さん(61)と、再選を目指す無所属現職の根本洋治さん(67)の二人が立候補を届け出た。

 小松崎さんは、街頭演説で、店舗などが撤退した観光施設「牛久シャトー」と、JR牛久駅前の商業施設「エスカード牛久」について「負のビジョンになっている」と指摘。大学や企業の誘致、公共交通の再編、空き家対策の推進などを訴えた。

 根本さんは、第一声で牛久シャトーとエスカード牛久の再生、公共交通対策、福祉を公約に挙げた。「エスカードは構想がほぼできている。牛久シャトーも今まで以上の意味合いを持たせる。負ければ、それらが遅れる」と市政継続を呼び掛けた。

 投票は八日、市内二十四カ所で実施され、午後九時から牛久運動公園体育館で即日開票される。

 選挙人名簿登録者数は一日現在で七万四百六十九人。 

  (宮本隆康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報