東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

きょうから連合茨城 労働環境改善へ無料の電話相談

 連合茨城は6〜8日、労働問題の無料電話相談について受付時間を延長して対応する。受付時間は午前9時〜午後7時。平日は1時間半延長、ふだんは対応していない土日も受け付ける。経験豊かな労働組合OB3人が問題解決に助言する。

 連合は2月、6月、12月に全国一斉の労働相談を実施し、連合茨城は毎年1回独自テーマで相談を受け付けている。

 今年のテーマは「パワハラがひどい!有給休暇も残業代もない!そんな会社に労働組合をつくりたい!」。昨年、連合茨城に寄せられた相談件数は602件。3年連続増加中で、パワハラなどの相談件数は内容別で上位を占めている。

 労働組合は、過重労働や不当解雇などから従業員を守る役割があるが、正社員の減少などで組織率は下降線。昨年の県内の推定組織率は14.2%で、労働環境改善に組織化を進めたいとしている。

 相談はフリーダイヤル=(0120)154052=へ。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報