東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

<東京2020>聖火ランナー公募 34人に3174人 12月以降に決定

写真

 東京2020オリンピック聖火リレー県実行委員会は六日、県内を走る聖火ランナーの公募結果を発表した。募集三十四人に対し、応募は三千百七十四人だった。実行委が候補者を推薦した上で、東京2020組織委員会が選考し、十二月以降にランナーが決まる。

 県内の聖火リレーは来年七月五、六日。五日が鹿嶋市をスタートし、ひたちなか市や大子町などをリレーして水戸市へ。六日は古河市を出発して常総市、坂東市などを巡りつくば市までで、計十五市町を回る。

 この二日間に走るランナーは百六十〜百八十人の見込みで、このうちスポンサー企業枠を除いた県の枠は四十四人。公募以外の十人は推薦枠で、県ゆかりの著名人らを充てる予定としている。

 公募は七月一日〜八月三十一日、県内在住や在勤在学、過去に住んだことがあるなど県ゆかりの中学生以上(五輪開催時)を対象にしていた。一人当たりの走行距離は約二百メートルとしている。

 聖火リレーは、千葉県から本県に引き継ぎ、その後、埼玉県に渡される。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報