東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

東海第二 推進派「対策進んだ」 安全性議論は平行線

原発の安全性を強調する沢田助教(奥)=那珂市役所で

写真

 東海村の日本原子力発電東海第二原発から三十キロ圏で、再稼働の際に同意が必要な那珂市の市議会が開いている勉強会の二回目の会合が十八日、市役所で開かれ、議員や市民が再稼働推進派の東京工業大の沢田哲生助教(原子核工学)から話を聞いた。

 東京電力福島第一原発事故の後、安全対策が進んだと説明。原子力規制委員会の新規制基準では、事故が起きた際の放出放射能の量を福島事故よりも大幅に制限し、その制限値では原発から二キロ以上離れていれば、屋内退避で安全を確保できるとした。

 勉強会には全議員十八人が出席。質疑応答では、議員から原発の安全性について質問が相次いだが、沢田さんはいずれも「事故の可能性はゼロではない」と述べた。「(放出放射能を)制限値内で抑えられるのか」という問いには明確に答えず、議論は平行線をたどった。

 勉強会は、推進派と反対派の双方から話を聞こうと市議会が企画し、四日には再稼働に反対する元東芝の原発設計技術者の後藤政志さんから話を聞いていた。 (松村真一郎)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報