東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「早期検挙へ情報求める」 県警 境町家族殺傷1週間で

 境町の住宅で会社員小林光則さん(48)と妻のパート従業員美和さん(50)が殺害され、子ども二人が重軽傷を負った事件は三十日で発生から一週間。県警本部の中山文雄捜査一課長と境署の石崎宏文署長は同日、同署で記者会見した。石崎署長は「強力に捜査を推進してきたが、現在まで被疑者検挙に至っていない。幅広く情報を求め、早期に検挙できるよう努める」と話した。

 中山捜査一課長によると、これまで署やフリーダイヤルにかかってきた約百二十件の電話や聞き込みからは、犯人に直結する情報は得られていない。住宅や敷地内の検証などを進めてきたが、凶器は見つからず、一家の周辺にトラブルは確認されていない。

 同署の捜査本部は聞き込みや防犯カメラの分析を続けるとともに、襲われて重傷を負った中学一年の長男(13)と軽傷だった小学六年の次女(11)の回復を待ち、話を聞く方針という。 (水谷エリナ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報