東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

まるで水墨画 「袋田の滝」ライトアップ

水の流れが白く浮かび上がる袋田の滝=大子町袋田で

写真

 茨城国体(いきいき茨城ゆめ国体)と全国障害者スポーツ大会(いきいき茨城ゆめ大会)の開催に合わせ、大子町の日本三名瀑(めいばく)の一つ「袋田の滝」がライトアップされている。水墨画をイメージし、雄大な水の流れが闇の中で白く浮かび上がる幻想的な光景を楽しむことができる。

 ライトアップは例年、紅葉の時期と冬に実施。町内で開催するカヌー競技などで訪れる人を歓迎しようと、開会式があった九月二十八日から始めた。

 周辺に国体のアーチやのぼり旗を設置したほか、滝につながるトンネル内で、町の地域おこし協力隊員坂尾礼太さん(29)が作詞作曲したカヌーの応援ソングなどを流している。

 ライトアップは日没から午後八時まで。国体の閉会式がある八日までと、障害者スポーツ大会が開催される十二日から十四日まで見られる。(水谷エリナ)

     ◇

 ツイッターの東京新聞水戸支局アカウントで動画をご覧いただけます。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報