東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

ひたちなか市議選開票結果 衆院選統一候補擁立に懸念

党公認候補の応援演説をする立憲民主党の枝野代表(右端)。国民民主党から移籍した藤田幸久前参院議員(左端)の姿も=26日、ひたちなか市の勝田駅前で

写真

 ひたちなか市議選(定数二五)は二十七日、投開票され、新議員が決まった。旧民進党系は、国民民主党の現職四人が上位当選を果たす一方、立憲民主党の新人は最下位で辛勝。国民の四人は原発メーカーの日立製作所を中心とする日立グループ労組出身で、脱原発を打ち出す立民との地力の差が浮き彫りになった。両党は次の衆院選で統一候補擁立を模索しているが、原発再稼働問題が火種となる懸念を残した。

 ひたちなか市は日本原子力発電東海第二原発(東海村)の三十キロ圏で、再稼働の事前了解を必要とする原子力安全協定を同社と結ぶ六市村の一つ。

 選挙戦最終日の二十六日、立民の枝野幸男代表が党公認候補の応援演説に駆けつけた。枝野代表は「(ひたちなか市は)農業生産に恵まれ、豊かな海の自然もある。東海第二原発が事故を起こしたら取り返しのつかないことになる」と述べ、再稼働に反対する考えを重ねて強調した。

 だが、ひたちなか市は再稼働に前向きな日立グループ労組の金城湯池だ。国民が四人で計一万票以上を獲得した半面、立民の得票は千三百票あまりで、千八百票あまりの社民党の後塵(こうじん)も拝した。衆院選では、社民も野党共闘の枠組みに入るとみられるが、国民主導で「日立労組色」の濃い候補擁立が進めば立民、社民支持層の反発を招きかねない。

 ひたちなか市を含む衆院茨城4区は、自民党の梶山弘志経済産業相が七回連続で議席を維持。二〇一七年の前回衆院選では、民進系候補を希望の党元職に一本化したが、六万八千票以上の大差で梶山経産相に敗れた。立民、国民とも次の衆院選の公認内定者はいない。

 市議選の当日有権者数は十三万七百十九人。投票率は46・38%(前回53・47%)だった。 (宮尾幹成、松村真一郎)

◇ひたちなか市議選確定得票(定数25−候補30)

当 4,412 鈴木一成 自現

当 2,761 清水健司 無現

当 2,761 薄井宏安 無現

当 2,727 弓削仁一 無現

当 2,639 三瓶武 国現

当 2,634 武藤猛 国現

当 2,630 大内聖仁 自現

当 2,552 北原祐二 国現

当 2,410 海野富男 無現

当 2,376 深谷寿一 国現

当 2,293 加藤恭子 公現

当 2,279 雨沢正 公現

当 2,229 鈴木道生 無現

当 2,202 山田恵子 公新

当 2,178 大谷隆 無現

当 1,914 大内健寿 無現

当 1,854 井坂涼子 無新

当 1,839 清水立雄 無現

当 1,834 井坂章 社現

当 1,659 樋之口英嗣 無現

当 1,644 打越浩 自現

当 1,615 山形由美子 共現

当 1,521 宇田貴子 共現

当 1,382 萩原健 無新

当 1,356 大久保清美 立新

  1,298 所茂樹 無現

  1,219 佐藤昭夫 無新

   784 二川智之 無新

   690 川崎穂高 N新

   367 黒沢輝江 無新

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報