東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

苦難乗り越えそば店再開へ 鬼怒川氾濫…2度の浸水 筑西・菊池さん

店の全面再開に向け準備をする菊池さん=筑西市下川島で

写真

 2015年の関東・東北豪雨に続いて台風19号でも鬼怒川が氾濫し、再び浸水した筑西市下川島地区のそば店「まるじゅう」が、今月中旬にも全面再開する見通しになった。店主の菊池治さん(52)は「周りが支えてくれ、4年前に比べれば何とかなる」と気持ちを奮い立たせている。 (宮本隆康)

 国土交通省は四年前の水害を受け、二〇年度の完成を目標に鬼怒川堤防の整備を進めている。しかし、川べりに立つ店の裏では工事が始まっていない。

 菊池さんは台風が通過した十月十三日午前一時ごろ、消防団の知らせで自宅から店に駆けつけ、送迎車を移動したり、出入り口など三カ所に土のうを積んだりした。しかし、床上約五十センチまで浸水し、店内は泥だらけになった。

 四年前に取り換えたばかりの厨房(ちゅうぼう)や冷蔵庫が使えなくなり、食材も捨てた。「また水が入ったのか…」と気落ちしたが、消防団員や親戚、同級生ら計二十人以上が泥かきや片付けを手伝ってくれた。

 前回は床上約百五十センチまで浸水し、ほとんど柱だけの状態になった。被害額は二千三百万円で、妻と廃業も話し合った。再開までは三カ月かかった。

 今回は座敷部分のすぐ下まで浸水したが、畳がつかることはなく「これなら早く再開できるかもしれない」と考えた。厨房や冷蔵庫をリースに切り替えていたことも、店の被害額を抑えることにつながった。

 湿った畳を干したり、床を消毒するなどの作業に追われた。店を開かなければ収入は途絶えるため、被災の数日後から予約客だけは受け入れた。今月七日にも厨房を交換し、試運転などをした後で全面的に再開するめどが立った。

 行政による中小企業や店舗への支援は、融資などが中心。「ほとんどの支援金の給付は住宅が対象。自営業者が生活の立て直しに悩んでも、行政からは何もしてもらえない」との思いは強いという。

 それでも、「開店から約二十五年間、地元に密着してきたつもりだし、自分の生活の基盤はこの店。稼いで、税金を納め、家族を養っている。やめるわけにはいかない」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報