東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

「僕のラグビーここから」 龍ケ崎市 イシレリ選手に功労賞

中山市長(右)にサインボールを贈る中島イシレリ選手=龍ケ崎市役所で

写真

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表で、龍ケ崎市の流通経済大出身の中島イシレリ選手(30)が十二日、市役所を訪れ、市特別功労賞を贈られた。

 中島選手はトンガ出身。大学時代の二〇〇八年から四年間、市内の学生寮で暮らした。W杯ではスクラム最前列のプロップとして全試合に出場し、日本初のベスト8入りに貢献した。トレードマークの金色の髪と口ひげは、流経大ラグビー部のチームカラーにちなみ、大会前に染めたという。

 市役所では職員ら約二百人から拍手で出迎えられた。中山一生市長から表彰状を受け取ると「この町で僕のラグビーが始まったから、今まで応援してくれ、今日も呼んでくれて感動した」と笑顔を見せた。

 今はラグビートップリーグの神戸製鋼に所属。「田舎の方が大好き。トンガもそう。静かな所がリラックスできるから」と龍ケ崎市を懐かしみ、「次のW杯までラグビーを盛り上げたい。弱いところを強くして、次も出られるように頑張りたい」と目標を語った。(宮本隆康)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報