東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

幻想の紅葉 高萩・花貫渓谷 ライトアップ

花貫渓谷を赤く染めるライトアップ=高萩市で

写真

 高萩市の花貫渓谷で木々の葉が赤や黄色に染まり始め、紅葉が今月下旬に見ごろを迎える。二十四日までライトアップもあり、渓谷の汐見滝吊(つ)り橋付近を赤く照らしている。

 市観光協会によると、渓谷では六、七割が紅葉している。二十日は平日にもかかわらず、多くの観光客らが訪れ、写真を撮るなどして楽しんでいた。

 母と二人で訪れた福島県いわき市の会社員松本悦子さん(43)は「SNS(会員制交流サイト)で写真を見て、初めて来た。とてもきれいです」と話した。

 協会の小川智大さん(26)は「吊り橋から見える景色が絶景なので、ぜひ来てほしい」とPRする。

 二〇一七年に、市を含む県北地域がNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台となったほか、モミジの落葉が降り積もった吊り橋のポスターが大きな反響を受けるなどがきっかけで、二年前から訪れる人が三割ほど増えたという。

 ライトアップは日没から午後七時まで。 (水谷エリナ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報