東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

台風19号、農林水産被害 県が確定額を発表 97億3000万円

 県は二十九日、台風19号による農林水産業の確定被害額を九十七億三千万円と発表した。九月の台風15号の確定被害額(六十億五千四百万円)と合わせると、百五十七億八千四百万円に上る。県農業技術課によると、調査項目に追加した農業用機械の被害額は、水戸市、常陸大宮市、大子町など九市町で二十億六千七百万円に上った。このほかの被害額は、農作物が十二億二千七百万円、農業用施設が四億三千三百万円、農地・土地改良施設が五十二億一千万円など。

 県災害対策本部のまとめでは、二十九日現在で、水戸、大子の二市町では、なお計四人が避難所生活を送っている。避難所は、水戸市と大子町で各一カ所。二市町でそれぞれ二人となっている。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報