東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

稲田石で日本画絵の具 石岡の画僧・秋元了典さん、あすから浅草でセミナー

稲田石から作った「石彩岩絵の具」を手にする秋元了典さん。左手前は、稲田石に、この絵の具でネズミを描いた作品=東京都台東区で

写真

 石岡市の画僧、秋元了典(りょうでん)さん(66)が、笠間市の稲田石から作る低コストの「石彩(せきさい)岩絵の具」を制作するセミナーを東京・浅草で7、8日に開く。日本画を描く際に使われる岩絵の具が比較的高価なことが、日本画を志す若手の創作を妨げていると秋元さんは指摘。「絵の具は自分で作れることを知ってほしい」と、自ら編み出した手法を伝えるつもりだ。 (井上幸一)

 浅草寺に勤務していた秋元さんは、中国・敦煌で洞窟を掘り、新たに仏教絵画を描くプロジェクトに二十年以上関わってきた。昨年六月、自宅に近い笠間市の採石場の岩壁に、命をテーマにした絵などを描く「ロックアートプロジェクト」を開始。ここで絵の具として使ったのが、現場で採れる稲田石の破片を原材料にした石彩岩絵の具で、地産地消で処理して捨てる必要がなくなることから、環境に優しい取り組みという。

 会場のギャラリー丸美京屋(台東区雷門二)では、アートプロジェクトの進行状況を写真などで紹介。一方で、使っている石彩岩絵の具の作り方を伝える。薄い灰色の稲田石をすり鉢で砕き、染料で色を付けていく方法で、道具一式は会場に用意する。

 画家で僧侶の秋元さんによると、さまざまな鉱物を粉砕、精製する岩絵の具は、十五グラムで数千円するものもあるという。「芸術大を卒業した若者が、絵の具が高すぎて一年に何枚かしか描けないこともある。この機会に、自分で開発した技術を全て公開したい。日本画を描く人が増えてもらえれば」と秋元さんは来場を呼びかけている。

 入場無料で、セミナーを受講する場合、材料費二千五百円が必要。七日は午前十時〜午後四時、八日は午前十時〜午後三時。セミナーの開始時間は随時。問い合わせはギャラリー丸美京屋=電03(3841)9711=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報