東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

節目迎える企業は3399社 帝国データバンク支店まとめ

 二〇二〇年に百周年などの節目の年を迎える「周年記念企業」が県内で三千三百九十九社に上る、と帝国データバンク水戸支店が発表した。最も古いのは、主力商品の梅干し「三年梅」の知名度が高い漬物製造の「吉田屋」(大洗町)など三社で、一八三〇(文政十三/天保元)年の創業から百九十周年を迎える。

 支店によると、一九年十月時点で社のデータベースから、十年単位で創業からの年数を調べた。

 一八七〇(明治三)年創業の百五十周年の企業は、墓石を中心とする石材販売や霊園分譲にも携わる「笹本石材」(鹿嶋市)など九社。百周年企業は非常用・防災用発電装置のリーディングカンパニー「東京電機」(つくば市)など十七社、五十周年は七百四十社に上る。

 本社所在地の市町村別では、百周年は水戸、土浦両市が各五社でトップ。五十周年は水戸市が六十一社で最多だった。 (鈴木学)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報