東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

汚染水の海洋放出案 経産相「心配も理解」 知事ら反対で

 東京電力福島第一原発のトリチウムなどが残る汚染水を巡り、大井川和彦知事や県内漁業者が海洋放出案に反対していることについて、衆院茨城4区選出の梶山弘志経済産業相は十四日の記者会見で「茨城県は(原発事故後に)農林水産業がさまざまな風評被害を受けた経験がある。心配されているのも理解する」と述べた。

 政府の小委員会は「海洋放出」が最も確実に実施できるとする報告書を取りまとめ、政府の方針決定を求めている。これに対し大井川知事は「海洋放出を安易に結論とする報告は容認できない」と反発。十三日には、風評被害を懸念する茨城沿海地区漁業協同組合連合会の反対要請を受け、政府に反対を働き掛けていく考えを示した。

 梶山氏は「結論ありきではない」と強調する一方、「茨城県も含めて関係者、関係団体の意見をよく聞いた上で結論を出す」と汚染水の処分に理解を求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報