東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 茨城 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【茨城】

県沖 覚醒剤475キロ密輸事件 故意認められず無罪

 県沖で二〇一七年八月、海上で受け渡しをする「瀬取り」と呼ばれる方法を使い覚醒剤約四百七十五キロ(末端価格三百七億円相当)を密輸したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた中国籍のソウ・シーマン被告の裁判員裁判で、水戸地裁は二十五日、「故意があったとは認められず、犯罪の証明がない」として、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役十五年、罰金三百万円だった。

 判決理由で、寺沢真由美裁判長は「費用の心配はしなくてよいと誘われ、観光するために来日した」との被告の供述は「明らかに不自然不合理であり、信用することはできない」と指摘。一方で、一緒に行動した共犯とされる人物が、覚醒剤の受け取りと保管という役割を伝えられていた以上、被告人も同様のはずだと断定する検察側主張は「無理があると言わざるを得ない」と退けた。

 水戸地検は「判決内容を検討し適切に対応したい」としている。

 被告は一七年八月二十一日に船籍不詳の船から大量の覚醒剤を漁船に積み替えるなどして、ひたちなか市に二十二日に陸揚げして輸入したとして逮捕、起訴された。この事件では、主犯格とみられる暴力団組長ら約二十人が逮捕されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報