東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

藤井七段が連覇 渡辺棋王破る 朝日杯

第12回朝日杯将棋オープン戦で史上2人目の連覇を果たし、笑顔の藤井聡太七段=16日、東京都千代田区で

写真

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)=愛知県瀬戸市=が16日、東京・有楽町であった第12回朝日杯将棋オープン戦の決勝で、渡辺明棋王(34)を破り、連覇を達成した。連覇は2013年度から3回連続で優勝した羽生善治九段(48)以来2人目の快挙。

 渡辺棋王は、タイトルを通算20期獲得した強豪で、公式戦での初対局。後手番になった藤井七段は、ミスのない指し回しで中盤から少しずつリードを広げ、128手で完勝した。

 同日午前に行われた準決勝では、第1回大会の覇者でもあるベテラン行方(なめかた)尚史八段(45)を120手で下していた。

 朝日杯将棋オープン戦は8大タイトルに次ぐ一般棋戦で、全棋士とアマチュア10人、女流棋士3人が参加する。対局は持ち時間各40分の早指しで、観客約700人が観戦した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報