東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

里見女流名人が最多タイ10連覇

将棋の女流タイトル戦で最多記録タイの10連覇を達成し、ポーズをとる里見香奈女流名人=18日午後、東京都渋谷区の将棋会館で

写真

 将棋の第45期女流名人戦5番勝負第4局は18日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、先手の里見香奈女流名人(26)が87手で伊藤沙恵女流二段(25)を破り3勝1敗で防衛、女流タイトル戦で林葉直子さんの最多記録と並ぶ10連覇を達成した。

 林葉さんは1991年の女流王将戦で樹立。人気女流棋士として活躍し、その後に日本将棋連盟を退会した。里見女流名人は2010年の5番勝負で、清水市代(いちよ)女流六段に勝ち、タイトルを奪取し、その後は10年間女流名人の座を守り続けてきた。これで女流王座、女流王将、倉敷藤花と合わせ、4冠を堅持した。

 里見女流名人は島根県出雲市出身。04年、中学一年で女流棋士に。08年、16歳の若さで初タイトルを獲得し、13年には初の女流5冠を成し遂げるなど活躍。一方で、女流棋士と制度の異なるプロ棋士を目指し、11年に養成機関の奨励会に入会したが、18年春に年齢制限のため退会した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報