東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

師弟昇級なるか…最終局 杉本八段・藤井七段、順位戦

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(16)=愛知県瀬戸市=と師匠の杉本昌隆八段(50)=名古屋市=の昇級が懸かる第77期名人戦・順位戦C級1組の最終局が5日午前10時、東西の将棋会館で始まった。

 今期は上位5人に昇級の可能性がある激戦に。藤井七段と杉本八段は共に8勝1敗で首位グループにつけている。藤井七段は大阪市の関西将棋会館で都成竜馬五段(29)と、杉本八段は東京の将棋会館で千葉幸生七段(40)と対局している。

 C級1組は39人が参加し2人が昇級する。勝ち数が同じ場合、前年の成績に準じた「順位」で序列がつく。藤井七段は初参戦で順位が低いため、自分が勝った上で上位3人のうち2人が負けなければ昇級できない。杉本八段は勝てば昇級でき、敗れても他棋士の結果次第で昇級できる。

 本局を前に、藤井七段は「少し厳しい状況になってしまったが、自分がやるべきは最終局に全力を尽くすこと」、杉本八段は「お互い全力を尽くし、結果がどうなるかは運を天に任せるしかない」と話していた。

 対局は持ち時間各6時間。二度の食事休憩を挟み、深夜に決着する見通し。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報