東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

師弟同時昇級ならず 藤井七段“足踏み” 杉本八段はB2へ

最終局に勝ったものの、今期の順位戦の昇級を逃した藤井聡太七段=5日深夜、大阪市福島区の関西将棋会館で

写真

 将棋の最年少棋士藤井聡太七段(16)=愛知県瀬戸市=と師匠の杉本昌隆八段(50)=名古屋市=の昇級が懸かる第77期名人戦・順位戦C級1組の最終局が5日、東京と大阪の将棋会館であり、杉本八段が勝ち、B級2組への昇級を決めた。藤井七段も勝利を収めたが、上位の別の棋士が勝ったため、昇級はなくなった。

第77期名人戦・順位戦C級1組の最終局で千葉幸生七段に勝利し、昇級を決めた杉本昌隆八段=5日夜、東京都渋谷区の将棋会館で

写真

 今期のC級1組は39人が参加し、10戦した成績の上位2人が昇級する。最終局は5人に昇級の可能性がある激戦で、共に8勝1敗で首位グループにいた杉本八段が千葉幸生七段(40)と、藤井七段が都成竜馬五段(29)と戦った。

 対局はいずれも持ち時間各6時間の長期戦。勝てば自力昇級できる杉本八段は、先手番で得意の振り飛車戦法を繰り出し、85手で快勝した。

 一方の藤井七段は、自分が勝った上で上位3人のうち2人が負けなければ昇級できない厳しい状況で臨んだ。藤井七段が後手番で、終始優位に対局を進めたが、師匠とのアベック昇級は実現しなかった。

 順位戦は棋士の序列を決める重要なリーグ戦。A級からC級2組まで5クラスあり、A級のトップが「名人」のタイトル保持者に挑戦する。

最年少名人は可能

 「(昇級できなかったのは)残念ですが、ここまでじっくり考えて指すことができた」。藤井聡太七段(16)は対局後、昨年6月から続いた順位戦の長い戦いを、そう振り返った。

 最終局に望みを懸けたが、上位陣が崩れず、昇級を逃した。プロ入り後あまたの記録を塗り替えてきた本人にとって、来期も同じクラスにとどまるのは、初めての大きな挫折といえる。

 順位戦は時間をかけて1階級ずつ上った先に、江戸時代からの伝統を誇る「名人」のタイトルがある。幼い頃から「名人を超える」が目標の藤井七段にとっても、特別な意味を持つ。

 名人獲得の最年少記録を保持するのは谷川浩司九段(56)だ。デビュー直後に一度足踏みしたが、以後は連続で昇級。21歳2カ月で名人になった。藤井七段が今後順調に昇級すれば、20歳で名人に挑める。「来期も一局一局積み重ねてゆきたい」。記録を塗り替えることは可能だ。

 一方、3年前に在籍したB級2組への返り咲きを決めた杉本昌隆八段は、師匠の意地を見せた。奮起のきっかけは、弟子の躍進。「藤井七段と昇級争いをするのが目標だった」という。

 対局後は「あきらめなければそれなりの結果が出せると証明できて良かった。若手が強い時代だが、気持ちだけは負けないようにと思っていた」と喜びつつも、弟子を押しのける形での昇級に複雑な心境ものぞかせた。 (樋口薫、岡村淳司)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報