東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

里見が女流王位挑戦

 将棋の第30期女流王位戦(中日新聞社主催)の挑戦者決定戦が15日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、後手番の里見香奈女流四冠(27)=女流王座、女流名人、女流王将、倉敷藤花=が清水市代女流六段(50)に112手で勝ち、渡部愛(まな)女流王位(25)への挑戦権を獲得した。

 里見は5期連続での5番勝負出場で、前期と立場をかえてのシリーズとなる。5番勝負は4月25日、兵庫県姫路市で開幕し、全国を転戦する。

 里見は1992年島根県出雲市生まれ。森●二(けいじ)・九段に入門し、2004年女流2級(プロ入り)。08年の倉敷藤花戦で初タイトル。11年に奨励会入会。7年間在籍し、三段まで昇段した。13年に史上初の女流五冠に。女流タイトル獲得は通算35期、うち女流王位は第23期、第26期から3連覇の通算4期。クイーン名人をはじめ、3つのクイーン称号を持つ。

※●は鶏の異体字

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報