東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

羽生九段、一般棋戦最多45回V NHK杯制す

羽生善治九段

写真

 将棋の第68回NHK杯戦決勝は17日に放送され、羽生善治九段(48)が郷田真隆九段(48)を破り、7年ぶり11回目の優勝を飾った。羽生九段はタイトル戦を除く一般棋戦の優勝回数が故大山康晴十五世名人を抜き、最多の計45回となった。

 新記録を樹立した羽生九段は「時代背景や棋戦の数も違うので比較はできない」と前置きしながらも、「NHK杯で優勝して、うれしく思っています。一つ前進することができてよかった」と笑顔で感想を述べた。

 プロ公式戦は、名人戦や棋王戦など七番勝負や五番勝負で優勝を争う8大タイトル戦と、それ以外の一般棋戦がある。現在、一般棋戦はNHK杯戦や日本シリーズ、最年少プロの藤井聡太七段(16)が2連覇した朝日杯オープン戦など計7つ。

 羽生九段は1985年、史上3人目の中学生でプロ入り。96年に初の全七冠独占。2017年12月には初の永世七冠を達成、18年2月に国民栄誉賞を受賞した。一方、18年12月に竜王戦で敗れ、前人未到のタイトル通算100期はならず、27年ぶりに無冠となった。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報