東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

藤井七段、白星発進 本年度初戦「成長の1年に」

感想戦で対局を振り返る藤井聡太七段=12日、東京都渋谷区の将棋会館で

写真

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は十二日、東京都渋谷区の将棋会館で指された第六十九期王将戦一次予選四組の準々決勝で、永世名人の資格を持つ森内俊之九段(48)を破り、二〇一九年度の初戦を白星で飾った。対局を終えた藤井七段は「白星でスタートできてよかった。今年も成長できる一年になればいいと思う。(新元号は令和になったが)新しい時代にもっと強くなって活躍できれば」と話した。

 一八年度の藤井七段は五月、最年少で七段に昇段した。十二月、最速で百勝を達成し、今年二月には全棋士参加の朝日杯オープン戦で二連覇。一八年度勝率一位の八割四分九厘(四十五勝八敗)と好成績を収めた。

 一九年度はタイトル初挑戦を目指す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報