東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

井山の連続出場、29期で止まる 七大タイトル挑戦手合

 囲碁の第四十四期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)本戦の準決勝は二十三日、大阪市で打たれ、一力遼八段(21)が井山裕太四冠(29)を破り、決勝に進んだ。井山四冠は二〇一五年の本因坊戦以来続く、七大タイトル戦の挑戦手合連続出場が、最多の二十九期でストップした。

 井山四冠は直近の十段戦まで、タイトル保持者か挑戦者で挑戦手合に二十八期連続で出場。五月に始まる本因坊戦でもタイトル保持者として出場が決定しているが、碁聖戦では挑戦者になれず連続出場が途切れた。日本棋院によると、二位も井山四冠の十期。

 一力八段は五月九日、許家元(きょ・かげん)碁聖(21)への挑戦権を懸けて羽根直樹九段(42)と対戦する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報