東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

羽根九段が挑戦者に 第四十四期碁聖戦本戦決勝

写真

 囲碁の許家元碁聖(21)への挑戦者を決める第四十四期碁聖戦(新聞囲碁連盟主催)本戦決勝は九日、名古屋市の日本棋院中部総本部で打たれ、羽根直樹九段(42)=写真、愛知県長久手市=が二百六十一手で、一力遼八段(21)に黒番中押し勝ちし、挑戦権を獲得した。

 羽根九段は第三十六期の碁聖で、七期ぶりの五番勝負出場。許碁聖とは初の挑戦手合となる。井山裕太四冠(29)が出場しない七大タイトル戦の挑戦手合は二〇一五年の十段戦以来で三十棋戦ぶり。羽根九段は三重県出身で、一九九一年にプロ入り。これまで碁聖や棋聖など七大タイトルを通算八期獲得している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報