東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

豊島二冠が初受賞 関西囲碁将棋クラブ賞

 関西囲碁将棋記者クラブは十四日、第二十七回記者クラブ賞に囲碁の井山裕太四冠(29)と将棋の豊島将之二冠を選出、表彰した。井山四冠は八年連続十二度目、豊島二冠は初の受賞。

 井山四冠は名人、碁聖、十段を失ったが天元を防衛、七大タイトル獲得数を最多の通算四十三期に伸ばした。豊島二冠は初タイトルの棋聖奪取で羽生善治九段のタイトル通算百期獲得を阻止し、続いて王位も獲得した。

 また約五十年にわたり将棋教室を続け、若手の指導や普及に大きく貢献した若松政和八段(79)と、藤井聡太七段の師匠で順位戦B級2組への昇級を決めた杉本昌隆八段(50)に特別賞を贈った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報