東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

羽生1433勝、最多タイ 大山15世名人に並ぶ 

歴代最多に並ぶ公式戦通算1433勝を挙げた羽生善治九段=23日夜、東京都渋谷区の将棋会館で(安江実撮影)

写真

 将棋の羽生善治九段(48)が二十三日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第六十期王位戦(中日新聞社主催)の挑戦者決定リーグ白組最終戦で谷川浩司(こうじ)九段(57)に勝ち、通算勝利数を千四百三十三勝(五百九十敗、二持将棋(じしょうぎ)=引き分け)として、故大山康晴十五世名人の持つ歴代一位の記録に並んだ。

 羽生九段は一九八五年のプロ入りから三十三年、四十八歳での達成となった。大山十五世名人は九二年、プロ入り五十二年の六十九歳での到達だった。羽生九段は三十日に新記録を懸け、竜王戦の予選で木村一基(かずき)九段(45)と対局する。

 羽生九段は七〇年、埼玉県所沢市生まれ。九六年には史上初の七冠全制覇を成し遂げた。二〇一七年には、現在七つある永世称号の資格を全て獲得する「永世七冠」を達成。一八年、将棋界初の国民栄誉賞を受けた。タイトル通算獲得数は史上最多の九十九。

◆新記録へも気負わずに

 <羽生善治九段の話> 今年に入ってからは1433勝を目指してやっていこうと思っていた。(大山15世名人は)偉大な先生なので、ちょっとでも近づけるよう頑張りたい。(新記録を懸けた対局は)気負わず、いつも通りに指せたらいいなと思っています。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報