東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 囲碁・将棋 > ニュース一覧 > 記事

ここから本文

【囲碁・将棋】

藤井七段、白星発進 順位戦C級1組

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は十八日、大阪市の関西将棋会館で指された第七十八期名人戦順位戦C級1組の開幕戦で村田顕弘(あきひろ)六段(32)を破り、好スタートを切った。前期はB級2組への昇級を逃しており、今回はその雪辱を期す。

 前期のC級1組は、藤井七段ら四人が九勝一敗で首位に並ぶ混戦で終了。昇級者は第七十六期の成績の差により、師匠の杉本昌隆八段(50)と近藤誠也六段(22)になった。

 各十局を戦うC級1組は上位二人がB級2組へ昇級。順位戦は最上位のA級からC級2組まで五クラスあり、A級の優勝者が名人挑戦者となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報